忍者ブログ
ある日突然、三つ子の親父。戸惑いながらも三つ子と共に成長していきたいと願う親父の育児日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

保育園のお祭りが終わり、片付けが終わったパパを迎えに来たのが12時過ぎ。
そのまま親父とオフクロを乗せ、I.C.へ向かう。食事は時間短縮のため、車内でのお弁当である。
昨日、職場の飲み会をこなしているパパは、お祭りの疲れもあり、S.A.で親父と運転を代わり従兄弟の家に向かう。ナビでセットしてあるのに、次はどっちだ!俺の思う道と違う!と運転変わってもパパは休めない。こんなことなら俺が運転してても変わらねぇ!

子どもたちにママ、オフクロはゆっくり休めたようだ。従兄弟の家に着いたのが2時過ぎ。
新郎は既に新妻と同棲でここにはいない。新郎の両親と伯母と共に我々は式場周辺の宿泊地へ向かう。

ちなみに今回の披露宴会場は、原宿の表参道だそうです。希望溢れる2人の門出には最高の舞台ですが、三つ子連れたパパにとっては、そうでも無いです。

田舎者のパパは、原宿すら(おそらく)3回目くらい。全くわからない。叔父さんの道案内でJR、地下鉄と乗りついで、一時間ほどかけて青山学院大近くの宿泊先へ。子どもの着替えからパパ・親父のスーツ、オフクロの着物にママのドレス、みんなの靴の入ったスーツケースを押しながら叔父さんの後をついて行く。

お昼寝済みの子どもたちは、幸か不幸か全く元気である。JRに乗ればトンネルは無いのか?と尋ねるが、都会に山は無い!との説明に苦慮し、地下鉄に乗ればマメに停まる駅で間違って降りないよう気を使う。

ようやく宿に到着。叔父さんと会場までの道のりを確認することとなった。
子どもたちも元気で部屋にじっとしておれず、ママとオフクロを伴い、原宿を散策することとなった。
式場を確認した後、帰りに“おしゃれなお店”に!と淡い期待を抱いたママであったが...

恐らくパパと叔父さんで歩けば、20分程度の道のり、三つ子を伴うことによって、時間は簡単に2倍、3倍に膨れ上がる。「歩くの疲れた」、「オシッコ」、「ノドが乾いた」...etc.
1人抱き上げれば3人抱きあげなくてはならない。案の定、真っ先に愚図ついたカズを置き去りにして進むが、野郎、場所もわきまえずに大騒ぎ。

原宿の中心で、駄々をこねる!!

感動を与えるどころか、不快にさせるだけである。怒ってなだめて、すかしておだてて、何とか歩かせる。
帰りにタクシーを拾ったことは、誰にも責められることでは無いと思う。

ママは“東京土産”なんて本まで用意して、恐らく出来るであろう若干の観光に期待を膨らませていたが、目の前の原宿散策さえ叶わぬ夢となってしまった。

結局、夕食も宿泊先の食堂で済ませることが出来、誰も外へ繰り出すことなく夜は深まるのであった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
左からタク、ショー、カズ
B型男×3人の三つ子です
管理人:
JOKE
性別:
男性
三つ子情報
script*KT*
ランキング参加中
クリック(投票)してね!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 三つ子・四つ子へ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
[12/11 JOKE]
[12/07 三つ子ばあば]
[08/14 パートの病院勤務]
[03/04 JOKE]
[03/04 JOKE]
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 三つ子親父のデビュー ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]