忍者ブログ
ある日突然、三つ子の親父。戸惑いながらも三つ子と共に成長していきたいと願う親父の育児日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パパにとっては青天の霹靂、ママにとっては想定の範囲内、というかなるべくしてなった当然の結果。
インフルエンザの猛威にパパが屈したのでしたΣ(T□T)。

週末、職場の連中と新年会を兼ねて旅行中。
どうも身体がだるく、咳が出る、宴会料理にも箸を付けきれず、可愛らしい仲居さんをからかう元気すらない。
もちろんアルコールも進まず、二次会も早々に布団に入る。夜も咳き込んでいた。
翌朝、宿で体温計を借りて熱を測れば38℃。「やばい!!」と思いつつ、(今更ながら)慌ててマスク着用。
朝一でUターンする車に乗せてもらい帰宅。まだ元気だったんで自分で救急医療センターへ直行、そして検査。めでたくインフルエンザA型と認定に至りましたΣ(|||▽||| )

まだ旅行中の皆さんに状況報告。

タイトルは
“濃厚接触者の皆さんへ、私、人間兵器でした”

戦々恐々とした返信を頂いたことは触れるまでも無いでしょう(・・。)ゞ一応、被害者は出なかったらしいです(後日確認済)

振り返れば、タクがインフルエンザと診断される前の晩(3日前)、添い寝したのがパパだった。
インフルエンザ濃厚と疑われる我が子を、予防接種もしていないパパはマスクも付けず、タクを抱きかかえて寝たのでした。このときの名言(迷言)は

「俺、なんか、うつらないような気がする!!」

今となっては何の根拠も無いばかりか、ただのバカ野郎だったと認めざるを得ない(ノω・、)

しかし、パパの悲劇はまだ始まったばかりなのだった...

夜になり、母屋からオフクロがやってきた。「あんたたち喧嘩でもしたのかい!?」

何かと思えば、我が家はパパを残して“もぬけの殻”とのこと。子どもたちを連れ、実家に避難したと思われるが、その見事な事。パパに全く気配さえ感じさせず、“ドロン”しやがったらしい。一応、書き置きがあったらしいが、寝ているパパの知る由ではない。

タクがインフルエンザの時には、あんなに家族で協力し合ったのに...パパがインフルエンザの時には、この扱いかよ!まだ“かかり始め”だったんで、多少の余裕はあったんだが。

夜になり、熱がどんどん上がってきて(1人で体温計持ってきて)測ってみると39℃越。やけに頭痛がヒドイ!頭が割れそうに痛いとはこんなだろう!!タクもこんなに痛かったのかなぁ、可哀想に。などと他人の心配をしていたが、そのうち寝られないほど頭が痛い。解熱剤を飲んでみたが、寝られないのでなかなか汗をかかない。七転八倒というやつを体験することになったのだった。

うなされながら『来年は予防接種うとう!!』と強く心に誓ったのでした(;人;)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
左からタク、ショー、カズ
B型男×3人の三つ子です
管理人:
JOKE
性別:
男性
三つ子情報
script*KT*
ランキング参加中
クリック(投票)してね!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 三つ子・四つ子へ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
[12/11 JOKE]
[12/07 三つ子ばあば]
[08/14 パートの病院勤務]
[03/04 JOKE]
[03/04 JOKE]
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 三つ子親父のデビュー ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]