忍者ブログ
ある日突然、三つ子の親父。戸惑いながらも三つ子と共に成長していきたいと願う親父の育児日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

嫁さんの見舞いに行ったとき、同室の妊婦が医師に看護婦のグチをこぼしていた。

「何だかいつも見張られているようで落ち着かない」

嫁によれば、彼女は切迫流産で安静が必要ということで入院したらしいのだが、ウロウロするわタバコは吸うわで、結局、入院が長引き、現在にいたっているらしい。

今も胎児が降りて来てしまっていて、ある意味危険な状態が続いているらしいのだが...本人はとんとおかまいなし。

看護婦が冷たい目で見る、一人言えばわかるのにみんなで言うからよけいストレスがたまってタバコがやめられない、いつになったら退院できるの?

一発ひっぱたいてやりたかった。隣のベッドでは、3~4年もかけて不妊治療をし、ようやく授かったと思ったら品胎(三つ子)。悩みに悩んで3人とも産もう!と決断したところ、つわりがひどく一ヶ月以上の入院。三つ子の場合、安定期は無いと言われながらも必ずみんな無事に産み落とそうと頑張っている妻がいるのに。

彼女の夫も一緒らしいのだが、「甘えるな!」の一言ぐらい出てこねぇのか!!

むかついて、むかついて、大声あげるところだった。病院もとっとと退院させて流産でも何でもさせちまえばいいのに。自業自得だ。

ただ、他の人は妊娠なんて全然自然なことなんだろうなぁ。きっと普段の生活の延長上の一瞬でしかないんだろうなぁと思って悲しくなった。どうして人が苦労しないところでこんな苦労をしなきゃならないんだ!何でうちだけ違うんだ!!と思っちゃうんだよね。

そういえば、不妊は現在医学では病気のカテゴリーには入らないらしい。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
左からタク、ショー、カズ
B型男×3人の三つ子です
管理人:
JOKE
性別:
男性
三つ子情報
script*KT*
ランキング参加中
クリック(投票)してね!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 三つ子・四つ子へ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
[12/11 JOKE]
[12/07 三つ子ばあば]
[08/14 パートの病院勤務]
[03/04 JOKE]
[03/04 JOKE]
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 三つ子親父のデビュー ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]