忍者ブログ
ある日突然、三つ子の親父。戸惑いながらも三つ子と共に成長していきたいと願う親父の育児日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

行ってきました。紅葉の京都。
この時期、こちらに出掛けたのは初めてでしたが、ものすごい混みよう...。ただし紅葉は素晴らしく、これだけ混むのも仕方ないのかなぁ(ノω・、) 。でも子供連れては無理だなぁ...。

さて旅行中、自宅は大変だったようで(;^ω^A

一番始めに熱が上がったタクは日曜には体調が戻りつつあったが、遅れて発病したカズとショーは未だ闘病中。ショーに至っては、若干、中耳炎の癖があり、鼻水が沢山出ている今回も「耳が痛い!耳が痛い!」といって、日曜の昼間に救急にいったらしい。
しかしインフルエンザ等の流行りもあり、12時に受付して15時過ぎ。結局、ショーが痛がって暴れたため、小児科医で無かった当番医は子供の診察に不慣れでロクに診察もせずに、痛み止めのみ処方したのみ。

妻によれば、ショーが痛がって先生を蹴ったことに腹をたて、2歳半の子に向かって淡々と「蹴らないで下さい」
と繰り返していたようだが、看護婦が押さえていた頭もイヤイヤしていて耳垢しか見ることが出来ず、最終的には「耳垢も多いし暴れて危険で見られない!」と言い切り放りだしたらしい。
で、妻の話から「過去にも中耳炎を繰り返しているようだから中耳炎でしょう!」と診察。

加えて(妻が兄弟が風邪だからうつっただけだと拒んだのに)インフルエンザの検査をするから(結果、陰性)とか、薬の処方にも時間がかかり(痛み止めだけのくせに)、更に一時間以上またされたとか。
前回のときは、耳垢まで綺麗に取ってから診察してくれたのにえらい違いである。
しかも、こっちには「勝手にインフルエンザじゃない!と判断するな」と説教しておいて、お前は診察もせずに中耳炎と結論づけるのか!?と突っ込みどころは満載の若い先生だったらしい。
「絶対、この医者のところにはかかるまい!何処の病院の野郎だ!?」と検索したが、結局、何処の病院の医師かわからなかったが、我が家が一致団結した日でもあったとか(・・*)ゞ

さて、そんなこととは知らず、疲れて旅行から戻ったパパは、お土産を届けた妻の実家でまずお義母さんにつかまり、帰宅して妻につかまり、延々と一日の報告を受けたのだった(。>0<。)

お土産に新撰組の刀を購入。

しかし何故か子供たちは、パパに向かって「シンケンジャー!」と叫びながら振り回している
見たこと無いはずなのに...保育園で覚えたんだろうなぁ...

IMG_0021.jpg 

何故かカブってしまったお土産の御守り。
もちろん違う寺社のものだが、以前もらったものと種類(?)が同じだった。
a3d9f686.jpg 



せっかくなんでオマケの写真を
DSCF0316.jpg

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
左からタク、ショー、カズ
B型男×3人の三つ子です
管理人:
JOKE
性別:
男性
三つ子情報
script*KT*
ランキング参加中
クリック(投票)してね!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 三つ子・四つ子へ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
[12/11 JOKE]
[12/07 三つ子ばあば]
[08/14 パートの病院勤務]
[03/04 JOKE]
[03/04 JOKE]
カウンター
アクセス解析

Copyright © [ 三つ子親父のデビュー ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]